HOME > 産科医療保障制度

産科医療保障制度

産科医療補償制度について

 赤ちゃんが健康で、元気に生まれてくることを願って、医師や助産師も全力で皆様をサポートして参りたいと考えています。しかしながら、お産の現場では予期せぬことが起こってしまう場合もございます。そこで、分娩に関連して発症した脳性麻痺の赤ちゃんやそのご家族を、出産後も引き続きサポートさせていただくことを目的として、この「産科医療補償制度」が創設されました。

当院は、この「産科医療補償制度」に加入しています。
申請は妊婦の皆様必要です。

補償対象

<2009年1月1日から2014年12月31日までに出生したお子様の場合>
@通常の妊娠・分娩にも関わらず脳性麻痺となった場合とする。
 ・出生体重2,000g以上 かつ在胎週数33週以上
 ・身体障害者等級1、2級相当の重傷者
 ・先天性要因等の除外基準に該当するものを除く

A出生体重・在胎週数の基準を下回る場合でも、在胎週数28週以上の者については、個別審査により補償対象となることがあります。

<2015年1月1日以降に出生したお子様の場合>
@通常の妊娠・分娩にも関わらず脳性麻痺となった場合とする。
 ・出生体重1,400g以上 かつ在胎週数32週以上
 ・身体障害者等級1、2級相当の重傷者
 ・先天性要因等の除外基準に該当するものを除く

A出生体重・在胎週数の基準を下回る場合でも、在胎週数28週以上の者については、個別審査により補償対象となる ことがあります。

関連リンク

産科医療保障制度(公益財団法人 日本医療機能評価機構)
http://www.sanka-hp.jcqhc.or.jp/index.html

Copyright © Tohoku University Hospital. All Rights Reserved.

Page Top